更地 固定資産税は高いって本当か?

相続によって家屋と土地を相続するということはよくある話です。

皆さんその相続した家屋、土地に住むということは少ないようですが、相続した以上は固定資産税を支払う義務が生じます。

最近はメディアなどでも取り上げられていますが、家屋が建っている場所を解体し更地にすると、更地 固定資産税は家屋がある場合より高くなります
それは家屋が建っている土地は、固定資産税軽減の特例を受けているためです。更地 固定資産税は、単純にこの特例がなくなるため税金額は高くなります。

 

自分が住む場所ではない所で

 

高額の固定資産税の支払いが生じるとなると、皆さん何かしらの対策をとるでしょう。一番多いのは、相続したままの状態にしておくことです。つまり、そのまま家屋を残して、いままで通りの固定資産税を支払うということです。近年は、税金対策の為にこうした放置家屋が増えており、倒壊の恐れがあると社会問題となっています。

 

ではどのように維持管理をしていくのがベストなのでしょうか?

おすすめは2つあります。

 

1つは畑にしてしまうこと

田畑

各市長村によっても違いはありますが、地目を住宅地から田畑に変えることで、固定資産税を抑えます。

 

2つ目は一度解体し賃貸住宅を建てること

賃貸需要がありそうな場所であれば、節税対策をしながら収入をえることが出来ます。

 

以上のように、私たちは人様に迷惑をかけず、賢く節税対策をする方法をしっかり考える必要があります。

 

 

固定資産税評価額の調べ方 TOP